読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフィーのアトリエ プラチナトロフィー獲得

本編クリア後、光のエレメンタルに勝てなくて1ヶ月ほどストップしていました。

 

そろそろプラチナトロフィーをとって終わりにしたいと思い(初期型のvitaを発売日に買ってDL版しか購入していないため、ストレージの空き容量不足なので、クリアしたらアンインストールしたい)、クリアのために攻略用アイテムを作成することにしました。

 

武器と防具

主要メンバには、ベストには遠いといえ、一応全能の力などの特性を盛り込んだものを作成済でした。なので、一旦このままで先に進めることにします。

 

攻撃アイテム

今回、本編クリアまで攻撃アイテムはレシピ埋め以外には作成していませんでした。

ソフィーに持たせるため、終末の種火に「神を破壊せし力」と「シングルボーナス」をつけたものを作成しました。

 

光のエレメンタルと魔王

この時点で、難易度をイージーにして光のエレメンタルには勝つことができました。続けて依頼が出ていたので魔王も行ってみたのですが、長期戦になりパワーアップされてしまい全く勝負にならず負けてしまいました。

 

回復アイテム

本編クリア前は、リフュールボトルを作成していた程度でした。魔王に負けたのは、呪いを受けた状態で回復をする必要があると思い「生命の躍動」「偽りの花」「マルチボーナス」を付けた精霊織りの帳、そよ風のアロマ、万能厄除け香、リフュールボトルを作り、装備させました。

 

装飾品

「狡猾な知性」「光速の脚力」「全能の力」を付けた時操りの砂時計を4人分作成しました。

もう一つの装飾品は、今まで持っていたもの、テスさんにもらったもので使えそうなものをとりあえず装備することにしました。エンゼルリボンやハッスルベルト、アンブロシアの花冠などです。

 

魔王

結構強くなった気がするので、イージーなら勝てるのでないかと思い、そろそろ魔王と戦うことにしました。

魔王と戦うためには、ウワサ「晦冥一閃」を受けないといけないのですが、受けようと思うとなかなか出てくれませんでした。そのためベッドで3日進めては依頼確認を繰り返しました。

メンバは、ソフィー、ジュリオ、レオン、プラフタで行きました。

魔王は、後半になると自己強化するらしいので短期決戦が良いようなので、それを意識しました。

ソフィーが終末の種火を使用、レオンがエーテルローズ、ジュリオは最初にソウルファイア以降は適当に攻撃、プラフタは精霊織りの帳をしてから攻撃か回復アイテム使用か臨機応変にといった感じでやってみました。

前回は戦いが長引いて魔王が強化されてしまったのですが、今回は回復アイテムと装飾品のおかげであっさりと倒してしまいました。真夜中に起きてしまったので、ちょっと魔王に一回挑戦してみるかという感じで挑んでいたので、ちょっと拍子抜けでした。まあイージーで挑んでいたので、本来初見であっさり倒していても良い程度だったのだろうと思います。

 

魔王討伐が最後のトロフィーとなり、これでプラチナトロフィーを獲得できました。

 

その後

プラチナトロフィーを獲得したので、vitaのメモリの空き容量が少なかったこともあり、データをネットワークセーブした後でソフトをアンインストールしました。

数日後、extraのおまけボイスと音楽を聞きたくなり、再度インストールしてみることにしました。

ソフトをダウンロードして、ネットワークロードをしようとしたのですが、セーブ時のDLCがないといわれて、結局音楽のDLCまで全て再ダウンロードしてインストールする必要がありました。そのため時間はかかりましたが、ネットワークロードをして、システムセーブするとextraがでてきて、無事におまけボイスを確認することができました。

あと、ついでに隠しダンジョンの方のボスを倒していたかどうかはっきりと覚えていなかったので、難易度イージーで倒しにいってみました。先日魔王を倒したときと同じ装備であっさり倒すことができました。 

 

以上で、ソフィーが終わったので、フィリスのアトリエに進もうと思います。

 

感想

最終的な感想は、アトリエシリーズとしては、オーソドックスで分かりやすくて初心者向けな感じかなと思いました。日数制限がなくて周回プレイの必要もないため、簡単かなと思いました。

アンインストールした後も頭の中で音楽が流れているので、プレイ中ほとんど意識していなかったのですが、良い曲が多かったのだと思います。(それもあって、extraで音楽が聴きたくなって再インストールしました)

頭を離れない曲は、「お着替えしーたよー、お着替えしーたよー」の曲(春風のポーレチカ)とドールメイクのうたが特に印象に残っています。