息子へ。

読んだ。どこまで心を配るのかというのが、難しいけど大事だと思った。